SH工法の説明ムービー(約60秒・23.6MB)が表示されます。
回線速度が遅い場合には表示まで時間がかかる場合がございます。
その場合はしばらくお待ち下さい。
SHスーパー工法協会
 SH工法協会は平成18年度よりSHスーパー工法協会と名前を改めました。本協会は従来の水平ボーリング方式鋼製さや管方式の二重ケーシング機構を基本にしており、推進中に掘削ビットを発進立坑に引き戻してビットの交換が可能であります。またこの機構により障害物の切断、既設マンホールの到達が可能である事が最大の特徴であります。
 近年、下水道推進工事は小型立坑から発進できる工法が主流となりました。本協会の推進工法は小型立坑に適応いたします。水平ボーリング方式のSH46型は鋼管径φ1000mmまでφ2000mmの発進立坑から推進可能です。SH610型は鋼管径φ1000mmまでφ2500mmの発進立坑から推進可能です。新商品の開発により本協会がお客様のニーズに迅速にお応えできるものと確信しております。

SHスーパー工法協会 会長 瀬谷 陽一